実戦式!試験対策問題集はこちらから

問1 次の記述のうちLPガススタンドにおける主要構成機器(ディスペンサ)についてただしいのはどれか

イ ディスペンサは自動車用容器や取り外し可能なフォークリフト用容器にLPガスを充てんする装置でLPガスの容量を計量する

ロ 背圧弁(過流防止装置付き)は流量計の入り口側にあり、計量部におけるLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持する役目も持っている

ハ ガスセパレータ(気液分離器)は液状のLPガスのみを流量計へ送り込み計量精度を高く保つ役目をする

二 安全継手は充填ホースの引張によるLPガスの漏洩事故を防止する安全器具である

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ハ・二

4 イ・ロ・ニ

5 ロ・ハ・二

1の正解はここ
3。
イ× ディスペンサは、取り外し可能なフォークリフト用容器にLPガスを充てんすることは禁じられており、自動車用等固定された容器のみに充填する計量器です。

ロ× 背圧弁は流量計の出口側にあり計量部におけるLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持する役目を持ちます。ちなみに背圧とは物体下流の圧力の事で、今回は計量部出口の圧力の事です

ハ〇 ガスセパレータ(気液分離機)は液状のLPガスのみを流量計へ送り込み計量精度を高く保つ役目をします

二〇 充填ホースに装着されている安全継手は、充填ホースに異常な張力が働いたときにセーフティプラグが抜け、本体側及びセーフティプラグ側両方のプラグが閉止し、LPガスの漏洩事故を防止する安全装置です

問2 次の記述のうちLPガススタンドにおけるディスペンサについて正しいものはどれか

イ 充填スペースが広く、多数の充填車両に対応する事業所に固定式のディスペンサを設置した

ロ ディスペンサの計量検定の有効期間は6年である

ハ 液状LPガスの計量は、流量計による流量に液温による温度補正(15℃換算)を加えて算出する

二 背圧弁は計量部におけるLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持する為、ガス圧より大きな液圧が作用しないと開かないように調整されている

1 イ・ロ

2 ロ・ハ

3 ハ・二

4 イ・ロ・ニ

5 イ・ハ・二

2の正解はここ
5。
イ〇 充填スペースが広く、多数の充填車両に対応する事業所には固定式のディスペンサを設置する

ロ× ディスペンサの計量検定の有効期間は4年です

ハ〇 液状LPガスの計量は、流量計による流量に液温による温度補正15℃換算を加えて算出します

二〇 背圧弁は、計量部のLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持する為、ガス圧より大きな液圧が作用しないと開かないように調整されています

問3 次の記述のうちLPガススタンドのディスペンサの主要機器について正しいのはどれか

イ 容積式のオーバルギア式流量計は、羽根車(タービン)の回転数から流量を計量する

ロ ガスセパレータ(気液分離器)は、フィルタを内蔵し、ごみ・スラッジなどを取り除き、液状のLPガスのみを流量計へ送り込み、計量精度を高く保つ機能がある

ハ 背圧弁は、計量部におけるLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持するためのものである

二 安全継手は、充填ホースに異常な張力が生じたときにセーフティプラグが抜け、本体側及びセーフティプラグ側双方のプラグが閉止することでLPガスの外部への流出を防止する

1 イ・ロ・ハ

2 イ・ロ・ニ

3 イ・ハ・二

4 ロ・ハ・二

5 イ・ロ・ハ・二

3の正解はここ
4。
イ× オーバルギア式流量計は、オーバル形、ルーツ型、スパイラル型などの回転子の回転数から流量を計量する。羽根車(タービン)はタービン式流量計で、ろーたの回転速度を電気信号として取り出し流量を測定するものです。

ロ〇 ガスセパレータは、フィルタを内蔵し、ごみやスラッジなどを取り除き、液状のLPガスのみを流量計へ送り込み計量精度を高く保つ機能があります

ハ〇 背圧弁は、計量部におけるLPガスの気化を防止し、高い計量精度を維持するためのものです

二〇 安全継手は、充填ホースに異常な張力が生じたときにセーフティプラグが抜け、本体側及びセーフティプラグ側双方のプラグが閉止することでLPガスの外部への流出を防止する

問4 次の記述のうちLPガススタンドのディスペンサの主要機器についてただしいのはどれか

イ フィルタを内蔵したガスセパレータは、ごみ・スラッジを取りのぞき、ガス状のLPガスを分離し液状のLPガスのみを計量器に送る

ロ 流量計は、液状のLPガスを15℃換算した流量を表示する

ハ 充填ホースに装着されている安全継手は、引張によるLPガスの漏洩事故を防止するためのものである

二 背圧弁は、計量精度を維持するために計量部におけるLPガスの気化を防止する

1 イ

2 イ・二

3 ロ・ハ

4 ロ・ハ・二

5 イ・ロ・ハ・二

4の正解はここ
5。
イ〇 フィルタを内蔵したガスセパレータは、ごみ・スラッジを取り除きガス状のLPガスを分離し液状のLPガスのみを流量計に送る

ロ〇 流量計は液状のLPガスを15℃換算した流量を表示する

ハ〇 充填ホースに装着されている安全継手は、異常な張力が働いたときに本体側、セーフティプラグ側双方のプラグが閉止し、LPガスの漏洩事故を防止する安全器具である

二〇 背圧弁は計量精度を維持する為に計量器におけるLPガスの気化を防止する。ちなみに背圧弁は、計量部にガス圧より大きな液圧が作用しないと内蔵弁が開かない構造になっています

問5 次の記述のうち LPガススタンドの主要構成機器について正しいのはどれか

イ ディスペンサは、自動車用容器や取り外し可能なフォークリフト用容器に充填した量を計量する為の計量器である

ロ ガスセパレータは、液状のLPガスのみを流量計に送り込み、計量精度を高く保つ役目をする

ハ ディスペンサは、液温に関係なく流量を表示機に表示している

二 セーフティプラグは、充填ホースの異常な引張によるLPガス漏洩事故を防止するための安全継手である

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・ハ

4 ロ・二

5 ハ・二

5の正解はここ
4。
イ× ディスペンサは、取り外し可能なフォークリフト用容器に充填することは禁止されています。自動車用容器等、固定された容器のみに充填する計量器です

ロ〇 ガスセパレータは液状のLPガスのみを計量器へ送り込み、計量精度を高く保つ役目です

ハ× ディスペンサは、温度補正機で液体を15℃の状態に換算して流量を表示機に表示している

二〇 セーフティプラグは、充填ホースの異常な引張によるLPガス漏洩事故を防止するための安全継手です

お疲れ様でした!他項目もどうぞ!

実戦式!試験対策問題集はこちらから

丙種化学液石/保安管理技術/練習問題

丙種化学液石/学識/練習問題

丙種化学液石/法令