https://www.youtube.com/watch?v=nwV3evkNblY

問1 次の記述のうち正しいものはどれか

イ 高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止する為、高圧ガスの製造、貯蔵、販売、移動その他の取扱及び消費並びに容器の製造及び取り扱いを規制することのみを目的としている

ロ 現在の温度においてその圧力が0.9メガパスカルの圧縮窒素であって、温度35度において圧力が1メガパスカルとなるものは高圧ガスではない

ハ 圧力が0.2メガパスカルとなる場合の温度が20度である液化石油ガスは、常用の温度における圧力が0.2メガパスカル未満であっても高圧ガスである

1 イ 2 ロ 3 ハ 4 イ・ハ 5 ロ・ハ

1の正解はここ
3。
イ× 問題に追加して、規制とともに民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を促進することも定めています

ロ× 圧縮ガスでは、現在の温度で1メガパスカル以下であっても、温度35℃において圧力が1メガパスカル以上になるものは高圧ガスです

ハ〇 液化ガスで、圧力が0.2メガパスカルとなる温度が35℃以下となるものは常用の温度で0.2メガパスカル未満であっても高圧ガスとなります

問2 次の記述のうち正しいものはどれか

イ 可燃性ガス又は毒性ガス以外の高圧ガスは、そのガスの種類及び圧力にかかわらず高圧ガス保安法の適用を受けない

ロ 圧縮、液化その他の方法で処理することができるガスの容積が1日300㎥以上である設備を使用して第一種ガスである高圧ガスの製造をしようとするものは、事業所ごとに都道府県知事の許可を受けなければならない

ハ 第一種製造者は、高圧ガスの製造施設の位置、構造又は設備の変更の工事をしようとするときはその工事が定めた軽微な変更の工事である場合を除き都道府県知事の許可を受けなければならない

1 ロ 2 ハ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5イ・ロ・ハ

2の正解はここ
4。
イ× 可燃性ガスや毒性ガス以外の高圧ガスでも高圧ガス保安法の適用を受けます

ロ〇 1日100㎥以上の設備を使用して高圧ガスの製造をする場合、都道府県知事の許可を受けなければなりません

ハ〇 製造施設の位置、構造又は設備の変更をする場合は、許可のいらない軽微な変更工事以外の場合は都道府県知事の許可を得なければなりません

問3 次の記述のうち正しいものどれか

イ 販売業者が高圧ガスの販売のため液化石油ガスを質量1万キログラム以上貯蔵する時は第一種貯蔵所に貯蔵しなければならない

ロ 第一種製造者は、その製造をした高圧ガスをその事業所において販売しようとするときは、その旨を都道府県知事に届け出る必要はない

ハ 第一種製造者は、特定高圧ガス消費者に該当する場合であっても特定高圧ガスを消費することについて、都道府県知事に届け出る必要はない

1 イ 2 ハ 3 イ・ロ 4 イ・ハ 5 イ・ロ・ハ

3の正解はここ
3。
イ〇 液化石油ガスは第二種ガスとなります。第二種ガスは1000㎥以上の第二種ガスを貯蔵する時は第一種貯蔵所になります。300㎥以上1000㎥未満の第二種ガスは第二種貯蔵所での貯蔵となります

ロ〇 第一種製造者であって、製造した高圧ガスをその事業所で販売する場合は都道府県知事の届け出は必要ありません 

ハ× 第一種製造者であっても、特定高圧ガス消費者に該当する場合は20日前までに都道府県知事に届け出なければなりません。(液化石油ガスの場合は貯蔵能力が3000kg以上)

問4 次の記述のうち正しいものはどれか

イ 液化石油ガスの廃棄を継続かつ反復して行う時は、液化石油ガスの滞留を検知するための措置を講じて行わなければならない

ロ 第一種製造者は、所有し又は占有する製造設備が危険な状態となったときは、直ちに所定の応急措置を講じなければならない

ハ 第一種製造者は、所有し占有する容器を盗まれたとき、遅滞なくその旨を都道府県知事又は警察に届け出なければならないが、その容器は高圧ガスの質量が充填時の質量の1/2以上減少していないものに限られている

1 イ 2 ロ 3 イ・ロ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

4の正解はここ
3。
イ〇 液化石油ガスの廃棄を継続かつ反復して行う時は、液化石油ガスの滞留を検知するための措置を講じて行わなければならない

ロ〇 所有し又は占有する製造設備が危険な状態となったときは、直ちに所定の応急措置を講じなければならない

ハ× 所有する容器を盗まれたときは、容器中のガスの質量に関係なく都道府県知事又は警察に届け出なければならない

問5 次の記述のうち液化石油ガスを充てんする為の容器及び付属品について正しいものはどれか

イ 容器に充填できる質量Gkgは、G=V/Cで計算されるが、この式におけるVは、その容器の刻印等または自主検査刻印等において示されているその容器の内容積ℓの数値、Cは容器保安規則である

ロ 容器検査に合格した容器の外面に表示すべき事項の一つに、液化石油ガスの性質を示す燃の明示がある

ハ 付属品検査に合格した付属品に刻印すべき事項の一つに、最高充填圧力(FPメガパスカル)及びMがある

1 ロ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

5の正解はここ
2。
イ〇 液化ガス質量の計算はG=V/C。Vは容器の刻印等で示される容器の内容積ℓ、Cは容器保安規則です

ロ〇 容器検査合格後の外面に「燃」を明示します

ハ× 付属品検査に合格した場合の刻印の一つは、最高充填圧力FPMPaではなく耐圧試験における圧力TPMPa及びMがあります

問6 次の記述のうち液化石油ガスを充てんする為の容器について正しいものはどれか

イ 溶接容器の容器再検査の期間は、製造した後の経過年数にかかわらず5年である

ロ 容器には、充填すべき高圧ガスの種類として、液化石油ガスの名称、略称又は分子式を刻印することと定められている

ハ 容器の所有者は、容器再検査に合格しなかった容器について所定の期間内に所定の刻印等がされなかったときは、遅滞なくこれをくず化し、その他容器として使用することができないように処分しなければならない

1 イ 2 ロ 3 ハ 4 イ・ハ 5 ロ・ハ

6の正解はここ
5。
イ× 容器再検査の期間は、製造後20年未満のものは5年、20年以上のものは2年になります。

ロ〇 容器の刻印事項の一つに、液化石油ガスの名称、略称又は分子式がある

ハ〇 検査に合格せず所定の期間内に刻印等されなかった容器はくず化し、使用できないよう処分しなければならないです

問7 次の記述のうち液化石油ガスの特定高圧ガス消費者について液化石油ガス保安規則上正しいものはどれか。この消費施設の貯槽は貯蔵能力15t1基である

イ 貯蔵設備の外面から第一種保安物件及び第二種保安物件に対し、それぞれ所定の距離以上の距離を有しなければならないが、減圧設備については定めはない

ロ この貯槽の周囲5m以内においては所定の措置を講じた場合を除き、引火性または発火性のものを置いてはならない

ハ 取扱主任者には、所定の製造保安責任者免状の交付を受けているもののほか、液化石油ガスの製造又は消費に関し1年以上の経験を有すものも選任することができる

1 イ 2 ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

7の正解はここ
4。
イ× 設備距離として、減圧設備の外面からそれぞれ所定の距離以上の距離を有さなければなりません

ロ〇 貯槽の周囲5m以内には引火性または発火性のものをおいてはいけません

ハ〇 「取扱主任者」には、高圧ガス製造保安責任者免状を持っている人だけではなく、免状がなくても1年以上の経験がある人を選任できます。

問8~問16までは以下の製造所についてです

タンクローリにより液化石油ガスを貯槽に受け入れ、貯蔵し、専ら容器に充填しているもの。コンビナート地域外にあり、事業者は認定完成検査実施者及び認定保安検査実施者ではない

事業所全体の処理能力:550000㎥/日
貯槽の貯蔵能力 液化石油ガス:50t 2基 地盤面上低温貯槽でないもの
ポンプ:定置式2基
圧縮機:定置式1基
容器置場 面積1000平方メートル

問8 次の記述のうちこの事業者について正しいものはどれか

イ 危害予防規程を定めこれを都道府県知事に届け出なければならないが、これを変更したときも同様に届け出なければならない

ロ 従業者に対する保安教育を定め、その計画を都道府県知事に届け出なければならない

ハ 保安係員には、所定の製造保安責任者免状の交付を受けている者であって、かつ液化石油ガス又は可燃性ガスの製造に関する1年以上の経験を有する者を選任することができる

1 イ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 イ・ロ・ハ

8の正解はここ
3。
イ〇 危害予防規程を定めたとき、変更したときどちらも都道府県知事へ届け出が必要です

ロ× 保安教育計画は、定めなければならないが都道府県知事への届け出は必要ありません。

ハ〇 「保安係員」の選任資格として、高圧ガス保安製造責任者免状の交付と1年以上の経験があります。

問9 次の記述のうちこの事業者について正しいものはどれか

イ 保安係員の選任または解任については遅滞なく都道府県知事に届け出なければならないが、保安統括者の選任又は解任についてはその必要はない

ロ 選任している保安係員には、所定の期間内に高圧ガス保安協会又は指定講習機関が行う高圧ガスによる災害の防止に関する講習を受けさせなければならない

ハ あらかじめ保安統括者の代理者を選任し、保安統括者が旅行、疾病その他事故によってその職務を行うことができない場合に、その職務を代行させなければならない

1 イ 2 ロ 3 イ・ロ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

9の正解はここ
4。
イ× 保安統括者も保安係員も、選任及び解任時に遅滞なく都道府県知事に届け出なければなりません

ロ〇 選任した保安係員には、所定の期間内に講習を受けさせなければなりません

ハ〇 保安統括者が職務不可の時の代理者を選任しなければなりません

問10 次の記述のうちこの事業者について正しいのはどれか

イ 製造施設について保安検査を受け、所定の技術上の基準に適合していると認められたときは、その翌年の定期自主検査を行わなくてもよい

ロ 製造施設に係る特定変更工事が完成し、その工事に係る施設について都道府県知事が行う完成検査を受けた場合、これが所定の技術上の基準に適合していると認められた後にその施設を使用することができる

ハ 特定施設について指定保安検査機関が行う保安検査を受けた場合、指定保安検査機関がその検査結果を都道府県知事に報告するのでこの事業者はその保安検査を受けた旨を都道府県知事に届け出る必要はない

1 ロ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

10の正解はここ
1。
イ× 製造施設について、定期保安検査と定期自主検査どちらも行わなくてはなりません

ロ〇 完成検査を受けた場合、都道府県知事が認めた後で使用できるようになります。完成検査をうけただけではまだ使用してはいけないです

ハ× 指定保安検査機関が検査結果を都道府県知事に報告することの定めはあるが、事業者も保安検査を受けた旨を都道府県知事に届け出る必要があります

問11 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準についてただしいのはどれか

イ これら2基の貯槽の最大直径がそれぞれ3mであって、かつ防火上及び消火上有効な措置を講じていない場合、これらの貯槽の外面の間に有すべき最小の距離は1.5mである

ロ これらの貯槽の基礎を所定の耐震設計の基準により地震の影響に対して安全な構造とした場合は、これらの貯槽の沈下状況を測定するための外を講じる必要はない

ハ これらの貯槽に取り付けられた液化石油ガスを送り出すための配管には、貯槽の直近にバルブを設けるほか、液化石油ガスが漏洩した時に安全に、かつ速やかに遮断するためのバルブを設ければ、その配管にはこれ以上のバルブを設ける必要はない

1 イ 2 ロ 3 ハ 4 イ・ロ 5イ・ハ

11の正解はここ
1。
イ〇 貯槽間距離は1m以上または、それぞれの貯槽の最大直径の和の1/4の大なる長さです。今回は3m2基なので、(3+3)/4で1.5mです

ロ× 貯槽の基礎は安全な物であっても、貯槽の沈下状況を測定する措置を講じなければなりません

ハ× 液化石油ガスを送り出す配管には貯槽の直近にバルブを設けるほか、ガスが漏洩した時遮断するためのバルブをもうけても、その配管にはこれ以上のバルブを設ける必要があります

問12 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいのはどれか

イ 製造お設備に設けたバルブまたはコックには、作業員がそれらを適切に操作することができる措置を講じなければならないが、バルブまたはコックを開閉する操作ボタン等がある場合には、その操作ボタン等にも同様の措置を講じなければならない

ロ これらの貯槽及びその支柱を有効に冷却するための措置を講じた場合、貯槽以外の製造施設に防消火設備を設ける必要はない

ハ 高圧ガス設備である液化石油ガスの配管の変更工事の完成検査における耐圧試験は、水その他安全な液体を使用することが困難であると認められる場合には、空気、窒素などの気体を使用して、常用の圧力の1.25倍以上の圧力で行うことができる

1 イ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

12の正解はここ
3。
イ〇 バルブ、コック、ボタン等には作業員が適切に操作できるような措置を講じなければなりません

ロ× 貯槽及び支柱を有効に冷却する措置を講じても、製造施設には防消火設備を設けなければならないです。

ハ〇 耐圧試験は、水その他安全な液体で行う時は常用の圧力の1.5倍以上で行い、気体で行う時は1.25倍以上の圧力で行います。

問13 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいのはどれか

イ 液化石油ガスのポンプの逃し弁に付帯して設けた止め弁は、そのポンプの運転中を除き常に閉止しておかなければならない

ロ 貯槽に液化石油ガスを充てんするときは、液化石油ガスの容量がその貯槽の常用の温度においてその内容積の90%を超えないように充填しなければならない

ハ 製造施設について1年に2回の定期自主検査を行っている場合は、製造設備の使用開始時または使用終了時のいずれかに1回、その製造設備の属する製造施設の異常の有無を点検して液化石油ガスを製造することができる

1 イ 2 ロ 3 ハ 4 イ・ロ 5 ロ・ハ

13の正解はここ
2。
イ× 逃し弁に付帯して設けた止め弁は、修理、清掃など特に必要な場合を除き常に全開しておかなければなりません

ロ〇 貯槽に充填する時はその内容積の90%以下にしなければなりません

ハ× 製造施設について、1年に2回定期自主点検を行っても、製造設備の使用開始時と使用終了時どちらも、製造設備が属する製造施設の異常の有無を点検し、1日1回以上製造設備の態様に応じて頻繁に作動状況の点検を行わなければなりません。

問14 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ 貯槽の修理又は清掃のため作業員が貯槽内に入るときは、危険を防止するための措置を講じるほか、開放する部分に他の部分からガスが漏洩することを防止するための措置を講じなければならない

ロ 車両に固定した容器から液化石油ガスを受け入れるとき、その容器の内容積が4000リットル以上である場合は、車止めを設ける事等によりその車両を固定しなければならない

ハ 車両に固定した容器から液化石油ガスを受け入れる場合は、製造設備の配管とその容器の配管との接続部分において液化石油ガスが漏洩するおそれがないことを確認しなければならない

1 イ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

14の正解はここ
5。
イ〇 ガス設備の修理、清掃のため貯槽内へ入るときは、危険防止措置を講じ、ガス漏洩防止措置も講じます

ロ〇 内容積4000リットル以上の車両容器からガスを受け入れ、送り出しの際は、車止めなどで車両を固定しなければなりません。

ハ〇 車両容器からガスを受け入れ又は送り出しの際は、配管の接続部分においてガス漏洩のおそれがないことを確認します。(終了時は、配管内の液化石油ガスを危害の生ずるおそれがないよう少量ずつ放出した後に、配管を取り外します)

問15 次の記述のうちこの事業所の容器置場に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ 容器置場はその外面から第一種保安物件及び第二種保安物件に対して、容器置場に貯蔵することができる液化石油ガスの貯蔵能力に応じて算出する距離以上の距離をそれぞれ有しなければならないと定められている

ロ 容器置場に直射日光を遮るための措置を講じる場合、その措置は液化石油ガスが漏洩し爆発した時に発生する爆風が上方向に解放されることを妨げないものでなければならない

ハ 容器置場には、適切な消火設備を設け、かつ、液化石油ガスが漏洩したときに周囲に流出することのないような密閉構造としなければならない。

1 イ 2 ロ 3イ・ロ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

15の正解はここ
2。
イ× 容器置場の外面から有すべき置場距離は、その容器置場の面積から算出されます

ロ〇 容器置場の直射日光遮断措置は、ガスが爆発した時の爆風が、上方向に解放されるのを妨げないようにする

ハ× 容器置場にはその規模に応じ適切な消火設備を設け、ガスが漏洩した時滞留しないような構造にしなければならない。密閉してはなりません。

問16 次の記述のうちこの事業所の容器置場並びに充填容器及び残ガス容器に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ 容器置場には、計量器等作業に必要な物以外の物を置いてはならないと定められている

ロ 容器置場には携帯電燈を携えて立ち入ってはならないと定められている

ハ 充填容器及び残ガス容器は、それぞれ区分して容器置場に置くことと定められている

1 イ 2 イ・ロ 3 イ・ハ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

16の正解はここ
3。
イ〇 容器置場には作業に必要な物以外は置いてはいけないです

ロ× 容器置場への立ち入りは携帯電燈のみ可となります

ハ〇 容器と残ガス容器は区分しておかなければなりません。

問17~問20は以下の事業所に関します

製造設備が液化石油ガススタンドである製造施設のみを有する事業所であってコンビナート地域外にある
事業所全体の処理能力:100000㎥/日
貯槽の貯蔵能力 液石:20t 2基 地盤面上1基・地盤面下に埋設されたもの1基
ポンプ:2基 地盤面上1基・地盤面下に埋設された貯槽に内装されたもの1基
圧縮機:1基
ディスペンサー:2基

問17 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ 地盤面下に埋設する貯槽を貯槽室に設置する場合、その室は地盤面上の重量物の荷重に耐えることができる十分な強度を有し、防水措置を講じたものとし、かつ、その室内に漏洩したガスの滞留を防止するための措置を講じなければならない

ロ 高圧ガス設備には、所定の圧力計を設けるとともに、その設備内の圧力が許容圧力を超えた場合直ちにその圧力を許容圧力以下に戻すことができる安全装置も設けなければならない

ハ 貯蔵設備の外面から第一種保安物件に対して有すべき第一種設備距離及び第二種保安物件に対して有すべき第二種設備距離は、貯蔵設備の貯蔵能力から算出される

1 イ 2 ハ 3 イ・ロ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

17の正解はここ
5。
イ〇 地盤面下貯槽の設置は、地盤面上の重量物の荷重に耐える事・防水措置を講じる事・室内に漏洩したガスの滞留を防止することがあります

ロ〇 高圧ガス設備には、圧力計と安全装置の二つを必ず設けます

ハ〇 貯蔵設備からの設備距離は貯蔵設備の貯蔵能力から算出されます

問18 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ このガス設備に使用する材料は、その設備が高圧ガス設備であるか否かにかかわらず、液化石油ガスの性状・温度・圧力等に応じ、その設備の材料に及ぼす化学的影響及び物理的影響に対し、安全な化学的成分及び機械的性質を有するものでなければならない

ロ 高圧ガス設備の配管の変更工事後の完成検査における気密試験は、常用の圧力の1.5倍以上の圧力で行わなければならないと定められている

ハ これらの貯槽及び所定の配管並びにそれらの支持構造物及び基礎は、所定の耐震設計の基準により地震の影響に対して安全な構造としなければならない

1 ロ 2 ハ 3 イ・ロ 4 イ・ハ 5 イ・ロ・ハ

18の正解はここ
4。
イ〇 その通りです

ロ× 気密試験は常用の圧力以上の圧力で実施する。1.5倍とは定められていない。(1.5倍は気体を使ったときの耐圧試験の圧力です)

ハ〇 貯蔵能力3t以上の貯槽、配管、支持構造物、基礎は耐震設計の基準により地震に対して安全な構造にしなければなりません

問19 次の記述のうちこの事業所に適用される技術上の基準について正しいものはどれか

イ 液化石油ガスの貯槽には、地盤面下に埋設された貯槽であっても液面計を設けなければならない

ロ 高圧ガス設備に設けた安全弁のうち、所定の放出管を設けるべき定めがあるのは貯槽に設けたものに限られている

ハ 地盤面下に埋設されている貯槽は、その内容積が5000リットル以上であっても液状の液化石油ガスを受け入れるために用いられる配管のみに、液化石油ガスが漏洩した時に安全に、かつ速やかに遮断するための措置を講じればよい

1 イ 2 ロ 3 ハ 4 イ・ハ 5 ロ・ハ

19の正解はここ
1。
イ〇 貯槽は地盤面下に埋設されたものにも液面計を設けなければならないです

ロ× 放出管は、高圧ガス設備には全ての安全弁に設置しなければなりません

ハ× 地盤面下に埋設されている貯槽に限らず内容積が5000リットル以上の場合、液状の液化石油ガスを受け入れる配管、送り出す配管と、貯槽と配管の接続部には、液化石油ガスが漏洩した時安全に、かつ速やかに遮断するための措置を講じます。

問20 次の記述のうちこの事業所について正しいものはどれか

イ ディスペンサーはその本体と公道の道路境界線との間に12cm以上の鉄筋コンクリートづくり又はこれと同等以上の強度を有する構造の障壁を設けた場合、その本体の外面から公道の道路境界線に対し所定の距離を有する必要はない

ロ 充填する液化石油ガスは、空気中の混入比率が容量で1000分の1である場合において感知できるようなにおいがするものとしなければならない

ハ 丙種化学責任者免状の交付を受け、かつ液化石油ガスの製造に関し6か月以上の経験を有する者にその製造に係る保安について監督させる場合は、この事業所に保安統括者を選任しなくてよい

1 イ 2 ロ 3 イ・ロ 4 ロ・ハ 5 イ・ロ・ハ

20の正解はここ
4。
イ× 障壁を設けた場合でも、ディスペンサー本体の外面から公道の道路境界線に対し5m以上を有する必要があります

ロ〇 充填する液化石油ガスは、1000分の1で感知可能なにおいがしなければなりません

ハ〇 処理能力25万㎥/日未満の事業所で、所定の免状の交付を受けていて、6か月以上の経験がある人が保安監督する場合は、保安統括者は選任しなくてよいです

お疲れ様でした!他項目もどうぞ!

丙種化学液石/保安管理技術/練習問題

丙種化学液石/学識/練習問題

丙種化学問題集