問1 次の記述のうちLPガスの受け入れ作業について正しいのはどれか

イ タンクローリーから貯槽への受け入れ時、受入責任者が立ち会わなければならないが、保安係員から受入作業の指示を受けた充てん所の要員は受入責任者にはなれない

ロ 圧縮機を用いてLPガスをタンクローリーから貯槽へ受け入れる場合、圧縮機の吐出し側をタンクローリーの気相部に接続した状態にする

ハ ローディングアームの取り外しをY型弁とタンクローリーの元弁を閉止しそれらの間のLPガスをブリーダ弁によりすこしづつ排除し内圧が十分下がってから行った

二 雷雨荒天となったが、受入を開始していたのでそのまま作業を継続した

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 イ・二

4 ロ・ハ

5 ハ・二

1の正解はここ
4。
イ× タンクローリーから貯槽への受け入れ時、受入責任者が立ち会わなければならないが、保安係員から受入作業の指示を受けた充てん所の要員は、受入責任者になれます

ロ〇 圧縮機を用いてLPガスをタンクローリーから貯槽へ受け入れる場合、貯槽の気相部からLPガスを吸引してタンクローリーの気相部に移送するため圧縮機の吐出し側をタンクローリーの気相部に接続した状態にする

ハ〇 ローディングアームの取り外しをY型弁とタンクローリーの元弁を閉止し、それらの間のLPガスをブリーダ弁により少しづつ排除し内圧が十分下がってから行う

二× 雷雨荒天となった場合、受入を開始していても作業中止してください

問2 次の記述のうちLPガス受入作業について正しいものはどれか

イ タンクローリーから貯槽へLPガスを受け入れるには圧縮機を用いるのが一般的である

ロ 受入れ作業は受入責任者が行い、移動監視者が作業に立ち会った

ハ 受入れ責任者は保安係員以外の者が務めることはできない

二 受入れ完了後、開放バルブを閉止し、残余のLPガスをブリーダ弁により少しづつ排除し内圧が十分下がった後にローディングアームを取り外した

1 イ・ロ

2 ロ・ハ

3 ハ・二

4 イ・ロ・ハ

5 イ・ロ・ニ

2の正解はここ
5。
イ〇 タンクローリーから貯槽へLPガスを受け入れるには圧縮機を用いるのが一般的である

ロ〇 受入れ作業は受入責任者が行い、移動監視者が作業に立ち会う

ハ× 受入責任者は保安係員又は保安係員の指名をうけた充てん所の要員である

二〇 受入完了後、開放バルブを閉止し、残余のLPガスをブリーダ弁により少しづつ排除し内圧が十分下がった後にローディングアームを取り外します

問3 圧縮機を用いてタンクローリーから貯槽へ液状のLPガスを受け入れる方法について、A~Dに入る語句の組み合わせで正しいのはどれ

貯槽とタンクローリーの液ラインを接続し、圧縮機の吐出し側とタンクローリの通気弁を接続して「A」気相部のLPガスを「B」気相部に圧縮機で加圧送入する。このようにして「A」の圧力を「C」、「B」の圧力を「D」ことによって生じた圧力の差によってタンクローリー内の液状のLPガスを貯槽に受け入れる。

    A     B      C   D

1 貯槽   タンクローリ  下げ 下げる

2 タンクローリ  貯槽     下げ 上げる

3 貯槽    タンクローリ  上げ 下げる

4 貯槽    タンクローリ   下げ 上げる

5 タンクローリ 貯槽      上げ 下げる

3の正解はここ
4。
A貯槽
Bタンクローリ
C下げ
D上げ
貯槽のガスをタンクローリーに送ると貯槽内は圧力が下がり、タンクローリは圧力が上がります。その後圧力の高い方から低い方へガスが送られ、最後に残ったガスをもとの貯槽へ戻すという作業が実際の物になります

問4 次の記述のうちLPガススタンドの充填作業について正しいものはどれか

イ 充てん要員は、充填を受ける車両を誘導して黄色ペイントなどで明示された所定の位置に停車させる

ロ 充てん要員は、車両のエンジンを停止させエンジンキーを預かり、サイドブレーキをかけたことを確認し、運転者には車両の中で待機させる

ハ 充てん要員は、充填を開始する前に容器・バルブ・液面計にガス漏れなどの異常のないことを確認する

二 雷雨荒天の場合でも充填中の場合に限り作業を継続する

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・二

4 イ・ハ・二

5 ロ・ハ・二

4の正解はここ
2。
イ〇 充てん要員は充填を受ける車両を誘導して、黄色ペイントなどで明示された所定の位置に停車させる

ロ× 「充てん要員」ではなく運転者、または移動監視者は、充填要員の指示でサイドブレーキをかけ、エンジンを停止する。カギは預けず、車両から離れないで監視する

ハ〇 充てん要員は、じゅうてんを開始する前に容器・バルブ・液面計にガス漏れなど異常のないことを確認する

二× 雷雨荒天の場合には充填中であっても作業を中止する

問5 次の記述のうちLPガスの受け入れ作業について正しいのはどれか

イ コンプレッサを用いてタンクローリから貯槽にLPガスを受け入れる場合は、タンクローリ気相部のLPガスをコンプレッサで吸込み、加圧して貯槽気相部に送入することで行う

ロ 受入を開始して異常がなかったので、受入中にタンクローリ運転者である移動監視者が受入現場を離れた

ハ タンクローリから受け入れる前に、受入後においても常用の温度において貯槽の内容積の90%を超えないことを計算し受け入れを開始した

二 タンクローリ内の残ガスをコンプレッサの四方弁を切り替えることにより貯槽に回収した

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・ハ

4 ロ・二

5 ハ・二

5の正解はここ
5。
イ× コンプレッサを用いてタンクローリから貯槽にLPガスを受け入れる場合、貯槽気相部のLPガスをコンプレッサで吸込み、加圧しローリー気相部に送入、圧力さによって行われます

ロ× 受入を開始して異常がなくても、受入中にタンクローリー運転者である移動監視者は受入現場の作業終了まで離れず監視する

ハ〇 ローリーから受け入れる前に、受入後においても常用の温度において貯槽の内容積の90%を超えないことを計算し受け入れを開始する

二〇 ローリー内の残ガスをコンプレッサの四方弁を切り替える事により貯槽に回収する

お疲れ様でした!他項目もどうぞ!

丙種化学液石/保安管理技術/練習問題

丙種化学液石/学識/練習問題

丙種化学液石/法令