丙種化学液石/保安管理技術/LPガス容器バルブ

実戦式!試験対策問題集はこちらから

問1 次の記述のうちLPガス容器バルブについて正しいものはどれか

イ 保護キャップは、安全弁への異物や水滴の侵入防止のために安全弁キャップに被せてある

ロ グランドナットをバルブ本体にねじ込む際、ハンドルの回転による緩みを防止するため金属接着剤をねじ部に塗布する

ハ ガス充填口はPOL継手に適合した右ねじのめねじである

二 500kg型LPガス容器の液取入・取出し弁には安全弁が付属している

1 イ・ロ

2 イ・二

3 ハ・二

4 イ・ロ・ハ

5 ロ・ハ・二

1の正解はここ
1。
イ〇 保護キャップは、安全弁への異物や水滴の侵入防止のために安全弁キャップに被せてある

ロ〇 グランドナットをバルブ本体にねじ込む場合、ハンドルの回転による緩みを防止するため、金属接着剤をねじ部に塗布する

ハ× ガス充填口はPOL継手に適合した、左ねじのめねじである。

二× 500kg型LPガス容器には、容器本体に安全弁が付属している。それ以外はバルブに安全装置が付属している

問2 次の記述のうちLPガス用容器および容器バルブの維持管理について正しいものはどれか

イ 充填時に容器バルブのバック漏れを発見したので、その容器への充填を中止した

ロ 容器バルブを車両などによる運搬中の振動で緩まないようにパイプレンチで強く締めた

ハ 容器がすすけていたので充填を実施しなかった

二 容器バルブにグリスを使用する時は、耐LPガス性グリスを用いている

1 イ・ロ

2 イ・二

3 ロ・ハ

4 イ・ハ・二

5 ロ・ハ・二

2の正解はここ
4。
イ〇 充填時に容器バルブのバック漏れを発見した場合、その容器への充填を中止する。バック漏れとは、充填容器が供給設備に接続されている場合、バルブを開くとガスがOリングを通り、スピンドルとグランドナットまたは、グランドナットとバルブ本体の間から漏洩することをいう。

ロ× 容器バルブをパイプレンチで強く締めてはいけない。運搬中などによる振動等で緩まない程度にする

ハ〇 容器がすすけていたら充填はしない。

二〇 容器バルブにグリスを使用する時は、耐LPガス性グリスを使用する

問3 次の記述のうち、LPガス容器バルブについてただしいのはどれか

イ 10kg型容器のバルブには、ばね式安全弁が付属している

ロ グランドナットの六角稜部にV形状の切込みがある場合は、右ねじであることを示している。

ハ 充填口のねじは右ねじである

二 バルブを閉じた状態で、ガスが弁シートと弁座の間から漏れることをシート漏れという

1 イ・ロ

2 イ・二

3 ロ・二

4 イ・ロ・ハ

5 ロ・ハ・二

3の正解はここ
2。
イ〇 10kg型容器のバルブにはばね式安全弁が付属している

ロ× グランドナットの六角稜部にV形状の切込みがある場合は、左ねじであることを示している

ハ× 充填口のねじは左ねじのめねじである。容器取り付け部のねじはテーパねじである

二〇 バルブを閉じた状態で、ガスが弁シートと弁座の間から漏れることをシート漏れという

問4 次の記述のうちLPガス容器バルブの維持管理について正しいのはどれか

イ 車両で容器を運搬するので、容器バルブが緩まないよう、充填後に工具でハンドルを増し締めした

ロ 充填時にバック漏れを起こしたので、その容器の充填は中止し、容器検査所にバルブの交換を依頼した

ハ Oリングの損傷はバック漏れの原因となる

二 シート漏れは、バルブを閉じた状態の時、弁シートと弁座の間から漏れることをいう

1 イ・ロ・ハ

2 イ・ロ・ニ

3 イ・ハ・二

4 ロ・ハ・二

5 イ・ロ・ハ・二

4の正解はここ
4。
イ× 車両で容器を運搬する場合であっても、振動でバルブが緩まない程度とする。工具を用いてさらに強く締めると弁シートを損傷する場合がある

ロ〇 充填時にバック漏れを起こした場合、充填は中止し、容器検査所にバルブの交換を依頼する。

ハ〇 Oリングの損傷はバック漏れの原因である

二〇 シート漏れはバルブを閉じた状態で弁シートと弁座の間から漏れる事。

問5 次の記述のうち、50kg型LPガス用容器バルブについて正しいのはどれか

イ 充填口は右ねじのめねじである

ロ グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじは、左ねじと右ねじのものがある

ハ バルブにはばね式安全弁が付属している

二 バック漏れは、弁シートと弁座の間からガスが漏洩することをいう

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 イ・二

4 ロ・ハ

5 ロ・二

5の正解はここ
4。
イ× 充填口のねじは左ねじのめねじである

ロ〇 グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじは左と右があり統一されていない

ハ〇 バルブにはばね式安全弁が付属している

二× 弁シートと弁座の間からガスが漏洩するのはシート漏れという。バック漏れとは、充填容器が供給設備に接続されている場合、バルブを開くとガスがOリングを通り、スピンドルとグランドナット又は、グランドナットとバルブ本体の間から漏洩すること。

問6 次の記述のうちLPガス用容器バルブおよびその取扱いについて正しいものはどれか

イ バルブを閉じる場合、手で力一杯締めた後にスパナなどを用いて強く締めると弁シートが損傷することがある

ロ シート漏れは、バルブを閉じた状態の時、弁シートと弁座の間から漏れることをいう

ハ グランドナットの緩んだバルブは、増し締めして漏れがないことが確認されれば、そのまま使用してよい

二 グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじはすべて左ねじである

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・二

4 イ・ハ・二

5 ロ・ハ・二

6の正解はここ
1。
イ〇 バルブを閉じる場合、手で力一杯締めた後に工具を用いて強く締めると弁シートが損傷する場合がある

ロ〇 シート漏れはバルブを閉じた状態の時、弁シートと弁座の間から漏れることをいう

ハ× グランドナットの緩んだバルブは、増し締めして漏れがないことが確認できても、一時的に止まっているだけの可能性があるため使用しない。

二× グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじは、左ねじと右ねじがあって統一されていない

問7 次の記述のうち、一般的なLPガス用容器バルブについて正しいのはどれか

イ グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじは、誤操作を避けるためすべて左ねじである

ロ ガス充填口のねじは、左ねじのめねじであり、容器取付部のねじはテーパねじである

ハ バルブは、一般にOリング式構造であり、ばね式安全弁が付属している

二 グランドナットの緩みを防止するために、グランドナットをバルブ本体にねじ込む際に、金属接着剤をねじ部に塗布して固定する

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ハ・二

4 イ・ロ・ニ

5 ロ・ハ・二

7の正解はここ
5。
イ× グランドナットをバルブ本体に取り付けるためのねじは、製造者によって左ねじと右ねじがある。左ねじのものにはグランドナットの六角稜部にV形状の切込みがつけてある
ロ〇 ガス充填口のねじは、左ねじのめねじで、容器取付部のねじはテーパねじである
ハ〇 バルブは一般にOリング式構造であり、ばね式安全弁が付属している
二〇 グランドナットの緩みを防止するため、グランドナットをバルブ本体にねじ込む際に金属接着剤をねじ部に塗布して固定する

お疲れ様でした!次の項目もどうぞ

実戦式!試験対策問題集はこちらから

丙種化学液石/保安管理技術/練習問題

丙種化学液石/学識/練習問題

丙種化学液石/法令