設備の試験・検査方法

実戦式!試験対策問題集はこちらから

問1 次の記述のうち、LPガス製造設備の試験などについて正しいのはどれ

イ 超音波探傷試験は、材料の内部に存在する欠陥の検出に適しているが、超音波の進行方向に平行に広がる欠陥は検出しにくい

ロ 放射線透過試験は、一般に、材料の内部に存在する欠陥の検出に用いられるが、表面に現れている欠陥も検出できる

ハ 磁粉探傷試験は、炭素鋼のほか、オーステナイト系ステンレス鋼などすべての金属材料の表面に開口した欠陥の検出に適している。

二 漏洩検査は現に貯蔵されているLPガスの圧力によって行い、漏洩の有無を幅広く簡便に確認するために行う検査である。

1 イ・ハ

2 イ・二

3 ロ・ハ

4 イ・ロ・二

5 ロ・ハ・二

1の正解はここ
4。
イ:正しい。超音波探傷試験は、材料の内部に存在する欠陥の検出に適しているが、パルス反射法により超音波の進行方向に平行に広がる欠陥は検出しにくい。

ロ:正しい。放射線透過試験は、放射線が物質を投下する能力を利用する。物質中に欠陥があれば透過光が強くなり、欠陥の有無を検出するものであり、材料の内部に存在する欠陥のうち、放射線の入射角に対して平行に広がる欠陥の検出に適している。

ハ:間違い。磁粉探傷試験は、炭素鋼など強磁性材料の金属材料の表面に開口した欠陥の検出に適している。

二:正しい。漏洩検査は、現に貯蔵されているLPガスの圧力によって行い漏洩の有無を幅広く簡便に確認するために行う。

問2 次の記述のうち、LPガス製造設備の検査、試験について正しいのはどれ

イ 漏洩検査として、空気その他危険性のない気体によって常用の圧力以上に昇圧して漏洩の有無を確認した。

ロ 磁粉探傷試験は、材料の表面に開口した欠陥、または表面に近い欠陥の検出に適しているが、非磁性材料には適用できない。

ハ 浸透探傷試験は、金属以外にもプラスチック・ガラス・セラミックスなどの滑らかな表面に開口した欠陥の検出に適している。

二 放射線透過試験は、放射線の入射方向に対して直角な面にある微細欠陥の検出に適している。

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・ハ

4 ロ・二

5 ハ・二

2の正解はここ
3。
イ:間違い。漏洩検査は、空気等ではなく、現に貯蔵されているLPガスの圧力で、継手部などに石鹸水などの発泡性溶液を散布塗布して漏洩の有無を確認する。

ロ:正しい。磁粉探傷試験は、材料の表面に磁粉を散布すれば、欠陥部分に磁粉模様が生じるので、材料の表面に開口した欠陥や表面に近い欠陥の検出に適しているが、非磁性材料には適用できない。

ハ:正しい。浸透探傷試験は、検査する箇所に浸透液を吹き付けて欠陥部に浸透させて。欠陥部を着色させるか蛍光を発生させて目視にて検査する。金属以外でもプラスチック・ガラス・セラミクスなどの滑らかな表面に開口した欠陥の検出に適している。

二:間違い。放射線透過試験は、物質を透過する能力を利用し欠陥があれば透過光が強くなることで欠陥の有無を検出するもの。材料の内部に存在する欠陥のうち、鳳珠ア銭の入射方向に対して平行に広がる欠陥の検出に適している。

問3 次のうち、非破壊試験等についてただしいのはどれか

イ 磁粉探傷試験は、炭素鋼などの強磁性材料の表面に開口した欠陥又は表面に近い欠陥の検出に適している

ロ 浸透探傷試験は、プラスチックやセラミックスなどの非金属材料の表面に開口した欠陥の検出にも適用できる

ハ 放射線透過試験は材料の内部に存在する欠陥のうち、放射線の入射方向に対し平行に広がる欠陥の検出に適している

二 超音波厚さ計は、LPガス貯槽にLPガスが存在している状態でも貯槽の肉厚を測定することができる。

1 イ・ハ

2 イ・ロ・二

3 イ・ハ・二

4 ロ・ハ・二

5 イ・ロ・ハ・に

3の正解はここ
5。
イ 正しい。磁粉探傷試験は炭素鋼などの強磁性材料の表面・表面近くの欠陥の検査に適している。
ロ 正しい。浸透探傷試験は、非金属材料の表面に開口した欠陥の検出にも適している
ハ 正しい。放射線透過試験は、放射線の入射方向に対して平行に広がる欠陥の検出に適している
二 正しい。超音波厚さ計は、LPガスが貯槽内に存在している状態で貯槽の肉厚を測定することができる

問4 次のきじゅつのうち正しいのはどれ

イ 気密試験として、危険性のない気体でその設備の常用の圧力以上に昇圧し、その圧力を5分間保持した後の漏洩の有無を確認した。

ロ 漏洩検査として、現に貯蔵されているLPガスの圧力で、継手部などに石鹸水などの発泡性溶液を散布塗布して漏洩の有無を確認した

ハ 浸透探傷試験は、金属のほかプラスチックやガラスなどの滑らかな表面に開口した欠陥の検出に適している

二 超音波探傷試験は、超音波の進行方向に平行に広がる欠陥は検出しやすいが、進行方向に垂直に広がる欠陥は検出しにくい

1 イ・ロ

2 イ・二

3 ロ・ハ

4 ロ・二

5 ハ・二

4の正解はここ
3。
イ× 気密試験は危険性のない気体でその設備の常用の圧力以上に昇圧し、その圧力を10分以上保持した後に漏洩の有無を確認する
ロ〇 現に貯蔵されているLPガスの圧力で、石鹸水などの発泡性溶液を塗布して漏洩の有無を確認する
ハ〇 浸透探傷試験は、プラスチックやガラスなど滑らかな表面に開口した欠陥の検出に適している
二× 超音波探傷試験は、超音波の進行方向に平行に広がる欠陥は検出しにくく、垂直に広がる欠陥は検出しやすい。

問5 次の記述のうち正しいものはどれか

イ 放射線透過試験は、材料の表面に現れている欠陥のみに用いられる

ロ 浸透探傷試験は、材料の表面に存在する欠陥は検出できない

ハ 磁粉探傷試験は、強磁性体材料の表面に開口した欠陥及び表面に近い欠陥の検出に適している

二 超音波探傷試験は、材料の内部に存在する欠陥を検出できる

1 イ・ロ

2 イ・ハ

3 ロ・二

4 ハ・二

5 イ・ハ・二

5の正解はここ
4。
イ× 放射線透過試験は、材料の内部の欠陥の検出に用いられることが多いが、表面に現れている欠陥の検出もできる
ロ× 浸透探傷試験は材料の表面に存在する欠陥の検出に適している
ハ〇 磁粉探傷試験は材料の表面・表面に近い欠陥の検出に適している
二〇 超音波探傷試験は材料の内部に存在する欠陥の検出に使用される。

問6

次の記述のうち、LPガス製造設備検査方法などでただしいのはどれ

イ 気密試験は、その設備の常用の圧力以上の圧力で行い、漏洩の有無を確認する。

ロ 設備の巡回点検、月例点検などでは、一般に窒素その他危険性のない気体を使用して漏洩の有無を確認する。

ハ 磁粉探傷試験は、材料の表面に開口した欠陥または表面に近い欠陥の検出に適している

二 超音波探傷試験は、主に材料の表面に開口した欠陥の検出に使用されている

6の正解はここ
4。
イ〇 気密試験:その設備の常用の圧力以上で行い、規定圧力を10分以上保持した後に漏洩有無を確認する。
ロ× 現に使用しているガスで行うのが一般的。
ハ〇 磁粉探傷試験:材料の表面に磁粉を散布すれば欠陥部分に磁粉模様が生じることにより欠陥を検出する方法。材料の表面に開口した欠陥または表面に近い欠陥の検出に適している
二× 超音波探傷試験は、超音波(1~5MHZ)が固体中を通ることを利用し超音波の進路に欠陥があればそこで反射・散乱するため、この音の強さを電圧に変換して欠陥の存在を検出する。そのため材料の内部に存在する欠陥の検出に使用されている。

実戦式!試験対策問題集はこちらから

丙種化学液石 法令 模擬試験1