令和版!合格報告あり!危険物乙四模擬テスト7 性質・予防・消火 

問1 次のうち誤っているものはどれか

1 一般に油火災には泡が使用できる

2 一般に第6類危険物の火災には棒状の水が使用できる

3 一般に第3類危険物の火災には乾燥砂が使用できる

4 一般に第4類危険物の火災には二酸化炭素が使用できる

5 一般に第5類危険物の火災には二酸化炭素が使用できる

1の正解はここ
5。
第5類危険物は可燃性物質であり酸素含有物である。
そのため自己燃焼しやすく爆発的で燃焼速度が非常に速い為、二酸化炭素による窒息消火は効果がない

問2 第4類危険物の消火について誤っているのはどれか

1 ハロゲン化物消火剤は効果がない

2 棒状の水による注水消火は不適当である

3 例外もあるが泡消火剤は一般に効果的である

4 粉末消火剤は一般に効果的である

5 小規模な火災で風がないときは炭酸ガスによる消火も効果がある

2の正解はここ
1。
比熱によって気化し、燃焼面を蒸気で覆う窒息作用と抑制作用により消火する

問3 第4類危険物に共通する火災予防の方法として適切でないものはどれか

1 気温の低い場所に貯蔵する

2 換気をよくする

3 火気または過熱を避ける

4 静電気の発生に注意する

5 廃棄するときは水中に流出させる

3の正解はここ
5。
第4類危険物は水より比重が小さく、水と混和しないので水面に広がるので危険

問4 次の危険物のうち水によく溶けるのはどれか

1 酢酸

2 灯油

3 ベンゼン

4 トルエン

5 クレオソート油

4の正解はここ
1。
酢酸は第2石油類の水溶性です

問5 動植物油について誤っているのはどれか

1 乾性油は酸化されやすい

2 引火点は1気圧において250℃未満である

3 比重は水より小さく約0.9ぐらいである

4 アマニ油は乾性油でありオリーブ油は不乾性油である

5 不乾性油のものほど自然発火の危険が大きい

5の正解はここ
5。
乾性油はぼろ布等にしみていると自然発火の危険がある。
(アマニ・キリ・エノ油・ニシン・イワシ油)

問6 次の第3石油類のうち引火点が一番たかいものはどれか

1 クレオソート油

2 ニトロベンゼン

3 エチレングリコール

4 グリセリン

5 アニリン

6の正解はここ
4。
グリセリンは177℃
クレオソート73.9℃
ニトロベンゼン88℃
エチレングリコール111℃
アニリン70℃

問7 アセトンについて正しいものはどれか

1 蒸気には不快なにおいと催涙性がある

2 水に溶けず揮発しない液体である

3 エチルアルコールにはほとんど混合しない黄色い液体である

4 ジエチルエーテルをはじめ多く溶剤に溶け、日光にさらすと分解される

5 引火点はガソリンよりも低く非常に引火しやすい液体である

7の正解はここ
4。ジエチルエーテルをはじめ多く溶剤に溶け、日光にさらすと分解される

問8 ガソリンの空ドラム缶の取扱について火災予防上の注意をしなければならないことはどれか

1 内部にガソリンの蒸気が充満していることがあるので注意する

2 内部に水分が侵入することがあるので注意する

3 ガソリン中の有害添加物が缶に付着しているので注意する

4 ドラム缶は高価な特殊網で造られているので大切に取扱に注意すること

5 ガソリンが缶の中に残っていると不経済であるので存否を確かめる事

8の正解はここ
1。内部にガソリンの蒸気が充満していることがあるので注意する

問9 次の記述のうち誤りがある箇所はどれか

第2石油類は灯油(イ)および軽油(ロ)のほか、1気圧において引火点が21℃以上(ハ)70℃未満(二)のものであり、常温で引火するものから常温で引火しないものまで広い範囲にわたっている(ホ)

1 イ:灯油

2 ロ:軽油

3 ハ:21℃以上

4 二:70℃未満

5 ホ:常温で引火するもの~

9の正解はここ
5。第2石油類は20℃より引火点が高野で、常温では引火しません

問10 引火点と爆発範囲の両面からみた場合、次のうち最も危険が大きいと思われるのはどれか

1 メチルアルコール

2 トルエン

3 ピリジン

4 アセトン

5 ジエチルエーテル

10の正解はここ
5。
特殊引火物が危険度は高い為。
メチルアルコール:アルコール類
トルエン:第一石油類
ピリジン:第一石油類の水溶性
アセトン:第一石油類の水溶性

お疲れ様でした!他のテスト、分野も勉強して合格してください!

危険物乙四 模擬テスト7 法令

危険物乙四 模擬テスト7 物理学、基礎科学