危険物乙四 模擬テスト2 性質・予防・消火 10問

問1 ガソリンについて誤っているのはどれか

1、自動車用ガソリンは工業ガソリンと区別するためオレンジ色に着色されている

2、各種の炭化水素の化合物であり、沸点は約18℃で一定である

3、液体摩擦などにより静電気を発生しやすく、詰め替え作業などにおいて静電気火花により発火することがある

4、比重が1より小さくその蒸気は空気の3~4倍の重さがある

5、常温常圧のもとで蒸発しやすく、いちじるしい引火性をもっている

1の正解はここ
2。ガソリンは使用目的により性質が異なってきます。そのため沸点も一定ではなく、自動車用は40~220℃、工業用は30~160℃です。

問2 軽油の説明でただしいものはどれか

1、すべての軽油は、液温が45℃以上になると自然発火する

2、液温が引火点未満の場合でも、周囲の気温がそれ以上になると引火する

3、液温が45℃以上になっても、周囲の気温がそれより低い時には引火することはない

4、淡褐色または淡黄色の液体で水によく溶ける

5、液温が引火点以上になれば、周囲の気温に関係なく引火する

2の正解はここ
5。ちなみに引火点は45℃、発火点は250℃で蒸気より比重は重いです。

問3 次の三つの条件を満たす危険物は下記のどれか

○有機の硝化物で、酸素を含む可燃性物質である

○燃焼に際しては、外部から酸素をあまり要求せず燃焼速度が速い

○消火には一般に大量の注水による冷却燃焼が良い

1、第1類危険物

2、 第2類危険物

3、 第3類危険物

4、 第4類危険物

5、 第5類危険物

3の正解はここ
5。有機物の危険物は4類か5類で、有機硝化物は5類に多い。

問4、次の記述のうち、正しくないものはどれか

1、植物油の中で、ヨウ素価の高いものは不乾性油である

2、アセトンは水に溶けやすい

3、ニトロベンゼンは水より重く、水に溶けにくい

4、ベンゼンの蒸気は有毒である

5、二硫化炭素は水には溶けないが、ジエチルエーテルに溶ける

4の正解はここ
1。ヨウ素価が高いのは乾性油です。

問5、常温(20℃)で液状の引火性物質がある。この物質の比重は1.26。引火点は-30℃。発火点は90℃で蒸気は有毒である。このような性質を持つ物質はつぎのうちどれか

1、二硫化炭素

2、ガソリン

3、ジエチルエーテル

4、ベンゼン

5、アセトン

5の正解はここ
1。水より重いのは二硫化炭素。引火点は特殊引火物か第1石油類。二硫化炭素の発火点は90℃

問6 次の消火設備の設備基準のうち、誤っているのはどれか

1、第5種消火設備は、地下タンク貯蔵所・簡易タンク貯蔵所・移動タンク貯蔵所・給油取扱所または販売取扱所では有効に消火を行うことができる位置に設け、その他の製造所では防護対象物の各部分から一つの消火設備に至る歩行距離が20m以下になるように設ける

2、第4種の消火設備は、防護対象物の各部分から一つの消火設備に至る歩行距離が30m以下になるように設ける

3、第3種の水蒸気消火設備の蒸気放出口はタンクにおいて貯蔵し、または取り扱う危険物の火災を有効に消火することができるように設けること

4、第2種の消火設備は、スプリンクラーヘッドを防護対象物の天井または小屋裏に、その防護対象物の各部分から一つのスプリンクラーヘッドまでの水平距離が1.7m以下となるように設ける

5、第1種消火設備の屋内消火栓は製造所の建築物の階ごとにその階の格部分から一つのホース接続口までの水平距離が50m以下となるように設ける

6の正解はここ
5。水平距離は50mでなく25mです。

問7 次のうち、第4類危険物でないのはどれか

1、二硫化炭素

2、キシレン

3、軽油

4、濃硝酸

5、シリンダー油

7の正解はここ
4。濃硝酸は第6類危険物。

問8 次にあげた第3石油類のうちで 最も引火点の低いものはどれか

1、クレオソート油

2、グリセリン

3、ニトロベンゼン

4、アニリン

5、エチレングリコール

8の正解はここ
4。アニリンは70℃。ちなみに全部が第3石油類です

問9 次の記述のうち誤っているものはどれか

1、乾性油とは植物油のうち、ヨウ素価が130以上のものをいう

2、ベンゼンの蒸気は毒性が強い

3、酸化プロピレンは、無色透明で有毒の液体である

4、さく酸エチルは芳香の強い液体である

5、ベンゼンの引火点はジエチルエーテルの引火点より低い

9の正解はここ
5。ベンゼンの引火点は-10℃、ジエチルエーテルの引火点は-45℃

問10 次に示した危険物の品名のうちで第4類危険物に属するのはいくつあるか

ア、塩素酸塩類 イ、特殊引火物 ウ、硫化リン 

エ、第1石油類 オ、カリウム カ、過塩素酸

キ、赤リン ク、アルコール類 ケ、ニトロ化合物

コ、黄りん サ、過酸化水素 シ、硝酸

ス、第2石油類 セ、ナトリウム ソ、第3石油類

タ、マグネシウム チ、第4石油類 ツ、鉄粉

テ、硝酸塩類 ト、動植物油類 ナ、金属粉 

10の正解はここ
5。第四類は特殊引火物、第1石油類、第2石油類、第3石油類、第4石油類、動植物油、アルコールの七種類です。引火点順に並べると特、1、アル、2、3、4、動。リズムで覚えるとよいです。

お疲れさまでした。次の項目はこちら↓

模擬テスト2 物理学及び基礎科学 10問

危険物乙四 模擬テスト2 法令 15問

スポンサーリンク