過去問と音声テキストを公開!資格勉強を全力で応援

ツイッターフォローお願いします→
チャンネル登録お願いします→

「行政書士テキスト 民法」の記事一覧

民法 贈与契約と売買契約

贈与契約 贈与とは、贈与者がある財産を無償で受贈者に与える意思を表示し、受贈者である相手方が受諾をすることで効力を生ずるものです。種類としては片務契約・無償契約・諾成契約となります 贈与契約は口頭か書面かは問われませんの […]

制限行為能力者制度

考え方として、後見>保佐>補助 の順番で重いと判断してよいです。未成年に関しては当然ながら、一番守るべき対象となります。 未成年後見人は複数、法人でも良いとされました。成年後見人、保佐人、補助人は以前から複数でも法人でも […]

民法 物権 所有権 共有物

共有について 共有:数人が共同所有の割合である「持分」を有しながら1つの物を所有すること。この持分は、意思表示や法律の規定で定められるか、それが不明なら各共有者の持ち分は平等と推定されます。各共有者はこの持分を自由に処分 […]

背信的悪意者

登記をしても保護されない 背信的悪意者:登記を備えていない者に対しその主張をすることが信義則に反するものの事で、物権変動(他人がその物件を購入したり)があったことを知りながら、いやがらせや害する目的でその不動産を購入した […]

錯誤・詐欺

錯誤 1:意思表示に対応する意思を欠く錯誤(表示行為の錯誤) 2:表意者が法律行為の基礎とした事情についてその認識が真実に反する 意思表示が錯誤に基づくものであること、錯誤が法律行為の目的および取引上の社会通念に照らして […]

error: コピーを禁止しております。「お問い合わせ」で管理者へ必要な問題集をお伝えください。