登記をしても保護されない

背信的悪意者:登記を備えていない者に対しその主張をすることが信義則に反するものの事で、物権変動(他人がその物件を購入したり)があったことを知りながら、いやがらせや害する目的でその不動産を購入したりする者をいいます。

記述式では「登記の欠缺を主張する正当な理由がない者」ともいうことが出来ます。

背信的悪意者は登記をしても保護されません

公示の原則

原則として、物権変動を第三者に対抗するには公示を行わなければならず、不動産に関しては登記が必要となります。

第三者とは、「当事者もしくはその包括承継人以外の者で登記の欠缺による正当な利益を有する者」の事で、善意・悪意は問われないですが、「背信的悪意者は除かれます」(登記の欠缺とは、不動産物権変動を主張する者に対してその者に登記がないことを主張する事です)

背信的悪意者から譲り受けた者は、その者自身が背信的悪意者でない限りは第三者に含まれます。