共有について

共有:数人が共同所有の割合である「持分」を有しながら1つの物を所有すること。この持分は、意思表示や法律の規定で定められるか、それが不明なら各共有者の持ち分は平等と推定されます。各共有者はこの持分を自由に処分できます。

共有者が持分を放棄、もしくは相続なしに死亡した場合、その持分は他の共有者に帰属する事になります。

各共有者はいつでも共有物の分割を請求できます。(5年を超えない範囲で分割禁止の特約を締結できます)また、共有者の協議が調わなければ裁判所に分割請求できます。

共有物の利用

共有物の全部につき、各共有者は自身の持分に応じた使用が出来ます。共有物を使う時は共有物の全体を使うことが出来ますが、その程度が持分の割合に応じて制約を受けることになります。

保存行為・管理行為・変更行為の要件等は以下の通りです。

行為内容要件
保存行為物の現状維持単独可物の修繕
妨害排除請求
管理行為利用行為:物を変更しない範囲で収益を図る
改良行為:使用価値や交換価値の増加を図る
持分の価格の過半数賃貸やその解除
共有物を共有者の1人にのみ利用させる
変更行為物の性質・形状またはその両者の変更全員の同意建物の建替え
農地を宅地にする
共有地の全部に抵当権や地上権を設定する