抗告訴訟の1つ

無効等確認の訴えは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟です。

抗告訴訟の最も多いものは取消訴訟(処分の取消の訴え・裁決の取消の訴え)ですが、訴訟期間が超えて取消訴訟を提起できない場合などに処分の効力の有無の確認を求める・争うことができる訴訟です。取消訴訟と違い、出訴期間の定めはありません。

本来、抗告訴訟を提起する必要がなく、処分の無効を前提とした現在の法律関係に関する訴えである争点訴訟や当事者訴訟を提起しても目的を達成できない場合に、例外的に提起できる訴訟という位置づけです。

無効等確認の訴えの被告は取消訴訟の規定が準用されますので、「処分をした行政庁が国または公共団体に所属する場合、当該処分をした行政庁の所属する国または公共団体」になります。もしくは、国または公共団体に所属していない場合、「当該処分をした当該行政庁」が被告となります。