不当利得

民法703条:法律上の正当な理由なく他人の財産または労務によって得た利益の事。

自分でお金など払うことなく、何かしらの利益を得ていればこれに当たる可能性があります。

不当利得に対し、返還を請求する事

不当利得返還請求は、上記のような「不当利得」の受益者に対し返還を請求することが出来るものです。

ネットオークションで商品を購入し代金を支払ったが、商品が届かない。
出品者に対し代金を返還するよう請求する。

出品者が商品を渡さず代金を受け取った場合、「商品を渡さない」正当な理由がなく、「購入者の財産(購入代)を受け取ることで利益を得ている」ため、購入者は不当利得返還請求権を有します。

問題

Aさんが甲機械をBさんに貸し、BさんはC社にその修理依頼をした。その後甲機械はAさんに返還されたが、Bさんはその修理代金を払えなくなった。C社はAさんに不当利得返還請求をできるか?
※AさんとBさんの間には、「甲機械の修理などにかかる費用はBさんが支払う代わりに、甲機械のレンタル料を半額にする」旨の契約があった

AさんがBさんに「無償で」甲機械を貸していたならば、Aさんは「自分の財産を使うことなく」「C社の労働や修理費用」によって「修理された甲機械という利益」を受け取るため、不当利得となる可能性があります。しかし、AさんとBさんの間の特約で、Aさんはレンタル料を半額にするというものがあるため不当に(タダで)利益を得たとは言えないため、不当利得返還請求は成立しません