実戦式試験対策問題集はこちら

問1

ハロゲン化物消火器について誤ってるのはどれか

①容器は鋼製またはステンレス鋼板製であるがハロン2402のみ黄銅性である
②他蓄圧式同様すべて指示圧力計が装着されている
③ハロン2402は高圧ガス保安法の適用を受けない
④消化作用は負触媒効果と窒息作用である

1の正解はここ
②。すべてではありません。ハロン1301は、消火薬剤を加圧する窒素ガスなどが充填されていないので指示圧力計はありません

問2

ハロン1301消火器で正しいのはどれか

①霧状強化液消火器と同じく電気火災に適用する
②容器は高圧ガス保安法の定めにより容器の表面積の1/2以上を緑色、残りは赤に塗装されている
③安全弁は設けられていない
④消火の際有毒ガスが発生するので、密閉した場所や地階などには設置できない

2の正解はここ
①。ハロン1301は電気の不良導体なので電気火災に適用します。

②× 容器の表面積1/2を緑にするのは二酸化炭素消火器で、ハロン1301はねずみ色です
③× 1301には安全弁は設けられています
④× 1211と2402は有毒ガスが発生します。

問3

蓄圧式粉末消火器の構造機能について正しいのはどれか

①放射圧力源は一般に二酸化炭素が用いられる
②使用圧力範囲は0.5~1.0MPaとされる
③レバー操作で放射停止できるよう開閉バルブが設けられるものがある
④サイホン管内部に消火薬剤が詰まらないようサイホン管に粉上がり防止用封版が設けてあるものもある

3の正解はここ
③。放射方式は開閉バルブ式と解放式があり、蓄圧式消火器には開閉バルブ式、加圧式消火器には開閉バルブ式と解放式があります

①× 放射圧力源は一般に窒素ガスです
②× 蓄圧式粉末消火器のの圧力範囲は0.7~0.98MPa。
④× 粉上がり防止用封版はガス加圧式のみに装着されています。

問4

手さげ式ガス加圧式粉末消火器について正しいのはどれか

①開閉バルブ式は放射を中断することができ、薬剤が残っていれば再使用することができる

②開放式の場合一度レバーを握ると消火薬剤は全量放出される

③排圧栓は開閉バルブ式、開放式の両方に設けられている

④開放式の物には使用済み表示装置を設ける必要がある

4の正解はここ
②。開放式は一度で全量放出されます。
①× 開閉バルブ式は中断はできるが、再使用はできません。
③× 排圧栓は、放射を中断した時、容器内の残圧を先に排出するものなので、開放式にはありません。
④× 開閉バルブ式のみ使用済み表示装置を設けます

問5

ガス加圧式粉末消火器に装着されている部品で誤っているのはどれか

①ガス導入管
②逆流防止装置
③安全弁
④ノズル栓

5の正解はここ
③。安全弁は内圧が異常上昇する恐れがあるものに装着されます。化学泡消火器・ハロン1211・ハロン1301・二酸化炭素。

ガス導入管、逆流防止装置、粉上がり防止用封版、ノズル栓は加圧式粉末消火器のみ装着されます。

問6

ガス加圧式大型粉末消火器について誤っているのはどれか

①小容量のものには二酸化炭素が加圧用ガスとして用いられている

②大容量のものには窒素ガスが加圧用ガスとして用いられている

③加圧用ガスが二酸化炭素の場合、圧力調整器を用いて減圧する必要がある

④ノズルはレバー操作によって放射、停止する子おtができる開閉式となっている

6の正解はここ
③。圧力調整器で減圧するのは加圧ガスが窒素ガスの場合です。
小容量=二酸化炭素、大容量=窒素ガスです。

問7

手さげ式ガス加圧式粉末消火器で誤っているのはどれか

①窒息及び抑制作用で消化する
②開放式の場合、ノズル栓を設けることで薬剤の吸湿を防止している
③逆流防止装置はサイホン管の先端に装着され、粉末薬剤が逆流して固化してしまうのを防ぐ
④粉上がり防止用封版は外気を遮断する効果もある

7の正解はここ
③。逆流防止装置はガス導入管の先端に装着されます。
②ノズル栓は開閉バルブ式にもあります。
④サイホン管先端にあるのは粉上がり防止用封版です。

問8

危険物第4類第一石油類の初期消火方法で誤っているのはどれか

①乾燥砂による消火は効果がある
②窒息消火が効果的である
③引火点が低いので冷却消火が最も良い
④二酸化炭素消火器による消火でもよい

8の正解はここ
③。窒息消火が最も適している為、冷却消火は誤りです。

問9

高圧ガス保安法の適用を受けないのはいくつあるか

Aハロン2402消火器
B二酸化炭素消火器
Cハロン1301消火器
D内容積100㎥を超える加圧用ガス容器
E蓄圧式機械泡消火器
F加圧式大型強化液の加圧用ガス容器

①1つ ②2つ ③3つ ④4つ

9の正解はここ
②。ハロン2402と蓄圧式機械泡は適用を受けません。

問10

消火器とその適応火災について誤っているのはどれか

①霧状強化液消火器:ABC火災

②二酸化炭素消火器:AC火災

③粉末消火器:ABC火災

④化学泡消火器:AB火災

10の正解はここ
②。二酸化炭素は普通火災には適さないです。

問11

消火薬剤と主な消化作用について誤っているのはどれか

①二酸化炭素:窒息
②化学泡:冷却+窒息
③強化液:窒息
④ハロン1301・粉末:窒息+抑制

11の正解はここ
③。強化液は水での冷却効果と、霧状の場合負触媒効果(抑制)があります。

問12

次の消火器のうち指示圧力計を装着していないものはいくつか(手さげ式)

A強化液 B機械泡 C化学泡 D二酸化炭素 Eハロン1301
F蓄圧式粉末 Gガス加圧式粉末

①1つ ②2つ ③3つ ④4つ

12の正解はここ
④。化学泡・ガス加圧式には不要であり、二酸化炭素とハロン1301は蓄圧式でも不要です。

問13

次の消火器の中で安全弁が装着されているのはいくつか

A強化液 B機械泡 C化学泡 D二酸化炭素 Eハロン1301
F蓄圧式粉末 Gガス加圧式粉末

①1つ ②2つ ③3つ ④4つ

13の正解はここ
③。二酸化炭素とハロン1301(1211も)は高圧ガス保安法を受けるので必要です。化学泡消火器にもあります。

問14

消火器の消火薬剤の組み合わせで誤りはどれか

①強化液:炭酸カリウムが濃厚なアルカリ性
②機械泡:水成膜泡または合成界面活性剤泡
③科学泡:外筒用薬剤→炭酸水素ナトリウムが主成分の気泡剤等を加えたもの
  内筒用薬剤→硫酸アルミニウム
④ABC粉末:炭酸水素ナトリウム等

14の正解はここ
④。ABC粉末消火器はリン酸アンモニウム等です。炭酸水素ナトリウム等はBC消火器です。

問15

粉末消火器の消火薬剤と色の組み合わせで誤りはどれか

①りん酸アンモニウムが主成分:淡紅色
②炭酸水素ナトリウムが主成分:黄色
③炭酸水素カリウムが主成分:紫色
④炭酸水素カリウムと尿素が主成分:鼠色

15の正解はここ
②。炭酸水素ナトリウムが主成分の消火薬剤は白色です。

実戦式試験対策問題集はこちら

お疲れ様でした!他項目もどうぞ!

消防設備士乙6/基礎知識

消防設備士乙6/消防関係法令

消防設備士乙6/構造・機能・整備

消防設備士乙6/規格・実技